パワーストーンには浄化が必要!最強の浄化方法を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
パワーストーンには浄化が必要!最強の浄化方法を紹介
松下ひよこ

こんにちは!
パワーストーン鑑定士・天然石鑑定士の資格を持つ看護師Webライターの松下ひよこです。
パワーストーンや天然石の魅力をみなさんにお伝えしています!

自己紹介はコチラ

「パワーストーンを浄化したいけれど方法が分からない」

「浄化って必ずしないといけないのかな」

パワーストーンを手に入れたあと「浄化」について悩む人は少なくありません。そもそも浄化とはどんな行為なのでしょうか?パワーストーンを大切に扱うためにも浄化が必要ならば、方法を理解して適切に行いたいですよね。

そこで今回は、パワーストーンに浄化が必要な理由から最強の浄化方法、浄化しないと起こることを解説していきます。浄化について知りたい人はぜひ最後までご覧ください。

もくじ

パワーストーンに浄化が必要な理由

パワーストーンには浄化が必要!最強の浄化方法は?

パワーストーンは定期的に浄化が必要です。理由は、浄化しないと石にネガティブなエネルギーが溜まったり石のパワーが弱くなったりしてしまうからです。最強といわれる効果をもつ石を買ったとしても、これでは本来の力を発揮できません。

また、石を手に入れた直後や願い事が叶った時などは、石のエネルギーのリフレッシュをしてください。

特に、手に入れた直後は自分の元にやってくるまでの人々の念がこもっています。そのままにしておくと、溜まっていた念を自分が受けてしまうからです。

「これからよろしくね」という意味も込めて、使い始める前に浄化してあげると、こちらも気持ちよく身につけられるでしょう。

使い始めてからの浄化のタイミングは「浄化したい」と思った時がベストです。「月に一度」や「数ヶ月に一度」などと浄化のペースを決めておくと、習慣化しやすいでしょう。

パワーストーンの最強の浄化方法は?

パワーストーンには浄化が必要!最強の浄化方法は?

パワーストーンの浄化は、鉱物の性質として適した方法で行わないと、石そのものを劣化させてしまいます。以下は、おすすめのパワーストーンの浄化方法です。

  • 水晶クラスターやさざれ石
  • 月光
  • 流水

それぞれ解説していきます。

水晶クラスターやさざれ石

水晶クラスターやさざれ石はどんなパワーストーンとも相性がよく、手軽に浄化が行えます。また浄化力も強いので、最強の方法ともいえるでしょう。浄化の方法に迷ったら、水晶を使った方法を試してみてください。

【水晶クラスターやさざれ石での浄化方法】

  1. 水晶クラスターやさざれ石の上に浄化したい石を乗せる
  2. 一晩から数日そのままにしておく

浄化には、明確に「何分やったら終わり」という決まりがありません。そのため「自分の気持ちがスッキリしてきた」「石がなんだか綺麗に見える」といった感覚を得たら、終了して大丈夫です。

とはいえ、石にはそれぞれ鉱物としての特性が存在します。例えば、水に弱い石や日光に弱い石などです。鉱物が持つ性質に適していない方法を試してしまうと、石を傷つけてしまうので避けてください。

松下ひよこ

水晶クラスターやさざれ石はオールラウンダーなので、安心して石の疲れをとってあげてくださいね。

月光

月光での浄化は、太陽光での浄化が適さない石に向いており、エネルギーのリセットとあわせて月のエネルギーをチャージできます。

一例として、月光での浄化にあう・あわない石の種類をそれぞれまとめたので参考にしてみてください。

【月光での浄化がおすすめなパワーストーン】

  • ムーンストーン
  • インカローズ
  • クンツァイト
  • ローズクォーツ
  • オパール

モルダバイトやラブラドライトなどの、宇宙からのエネルギーを感じさせてくれるような石も、月光を使った浄化に最適です。

【月光での浄化がおすすめできないパワーストーン】

  • サンストーン
  • タイガーアイ
  • ヘマタイト

サンストーンは「太陽の石」とも呼ばれているので、月光よりは太陽のほうが石にあっているでしょう。太陽は動、月は静のエネルギーをそれぞれ持っています。

動と静、それぞれに適したエネルギーで石にチャージしたほうが、石が持つエネルギーをうまく活かせるはずです。

【月光での浄化方法】

  1. 月の光があたる窓際に浄化したい石を置く
  2. 数時間月の光にあてたら夜の0時までに片付ける

月光を用いた浄化方法を行うのにおすすめなのは、満月の日です。満月は、もっとも月のエネルギーが最強になるため、効率よく浄化できます。

流水

流水での浄化は、水のエネルギーで悪いものを流し、良いエネルギーをチャージ可能です。

流水での浄化がおすすめのパワーストーンとおすすめできない代表的なパワーストーンは、以下にまとめました。

【流水での浄化がおすすめなパワーストーン】

  • アクアマリン
  • ローズクォーツ
  • スモーキークォーツ
  • ルチルクォーツ

流水が平気な石といっても、長時間さらし続けるのはよくありません。数分程度、流水にさらすだけで十分浄化されます。

また、石を流水で濡らしたあとは、必ず石についた水滴を拭き取るようにしましょう。

【流水での浄化がおすすめできないパワーストーン】

  • ラピスラズリ
  • ターコイズ
  • エンジェライト

ラピスラズリやターコイズなどの石は、水につけると石そのものが傷んでしまいます。アクアマリンやクォーツ系が流水での浄化に最適です。

【流水での浄化方法】

  1. 柔らかい布で石についている汚れを拭き取る
  2. 石を少量の水を流し数分間水にさらす
  3. さらし終わったら柔らかい布で水滴を拭き取る

流水にさらす場合、パワーストーンにロンデルや紐がついている時は、劣化を早めるためほかの方法をおすすめします。


パワーストーンを浄化しないとどうなる?

パワーストーンには浄化が必要!最強の浄化方法は?

パワーストーンを浄化しなくても、石が死ぬ・壊れるといったことはありません。しかし、パワーストーンとして使うのなら、定期的な浄化は必要です。

浄化をしないと以下の状態が発生します。

  • 石にネガティブなエネルギーが溜まる
  • 石が疲れてパワーが弱くなる
  • 石のネガティブなエネルギーを持ち主が受けてしまう

特に注意したいのが、石に溜まる念です。石には持ち主の思いが無意識のうちに宿るため、辛い・苦しいといった経験をしていた時期に身につけていた石なら、その時の思いが残ってしまいます。

その状態で時間が経ってから再び身につけると、なぜか体調を崩したり身につけてもしっくりこなかったりと、パワーストーンをすんなり身につけられないこともあるのです。

松下ひよこ

環境や心境が変わった時は、石に「お疲れさま」という気持ちも込めて、浄化でリセットしてあげてください。パワーストーンにそれまで溜まったネガティブなエネルギーがクリアになり、再び持ち主のサポートをしてくれますよ。

パワーストーンとの付き合い方

パワーストーンとの付き合い方

パワーストーンにはさまざまな効果があるとされています。

しかし、パワーストーンは持っていれば必ず効果が保証されるわけではなく、またその効果も証明されているわけではありません。

石に依存し、頼り過ぎるのは良くないでしょう。

しかし、パワーストーンを持つようになって変わったと感じる人がいるのも事実です。

変化を起こす、何かを変えていくのは自分自身です。

パワーストーンは、心強いお守りのようなものとして、付き合っていくのがいいでしょう。

石のパワーに頼り過ぎず、「石は自分を応援してくれるもの」として、石と接していきましょう。

松下ひよこ

パワーストーン鑑定士・天然石鑑定士の資格を持っています。
プロフィールはコチラ
天然石やパワーストーンのことでお困りの方は、ぜひご相談ください。
お力になれると嬉しいです。お待ちしています。


まとめ

パワーストーンを定期的に浄化してあげることで、常にパワーストーンを最強の状態を保つことができます。

浄化方法では、水晶クラスターやさざれ石を使った方法が最強です。

それ以外の方法では、石によっては適していない場合もあるため、注意が必要です。言葉は通じなくても、いつも私たちを見守ってくれているパワーストーンに、ぜひ浄化をして労ってあげてくださいね。

松下ひよこ

ここで、おすすめのパワーストーンや天然石を紹介しています!
ぜひ、のぞいてみてくださいね。

楽天わたしのルーム

https://blog.with2.net/link/?id=2100276

パワーストーンには浄化が必要!最強の浄化方法を紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代ママ看護師Webライターの松下ひよこです。
Webライターとして活動しながら、パワーストーンや天然石の魅力を発信中!
私は看護師時代からパワーストーンの魅力やパワーに助けられてきました。人の命と向き合う仕事をしていくなかで、ストレスや抱えきれない不安や悲しみもありました。そんなときに出会ったのがパワーストーンです!
心が疲れた、元気が出ない、そんなときはパワーストーンに少し力をかりてみませんか?

もくじ